FC2ブログ
ケービレッジコミュニティメイトのブログ
小郡ケーブルテレビ『ケービレッジ』コミュニティメイトのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年5月19日 第14回韓国料理教室

5月19日(土)、コミュニティメイトが催す第14回めの韓国料理教室が開催されました。この日予定していたメニューは、韓流天ぷら「ジョン」と、韓流お刺身「フェ」の2メニュー。しかし、「フェ」に使うはずのタラが刺身で食するにはちょっとどうかな…という感じだったので、急きょタラのスープを作ることになり、メニューが一つ増えたのでした。講師の金さん曰く、韓国ではよくタラを食べるそう。急なメニュー追加でしたが、チャッチャッと手際よくコチュジャンがピリッと効いた美味しいタラのスープを教えてくれました。

1401
▲タラの皮をはずしています。

1402
▲2×3センチくらいに切ります。

1403
▲かつおダシのスープにコチュジャンをピリッと効かせて。タラのほかには、人参、玉ねぎ、ホウレン草を入れました。


韓流お刺身「フェ」は、イカやエビなどのお刺身を、サンチュ(サニーレタス)、水菜、大葉などたっぷりのお野菜と一緒にいただくから、とってもヘルシー。コチュジャンと酢と砂糖を混ぜ合わせた甘辛タレが、暑い季節でも食欲をそそります。

1404
▲サンチュ、水菜、大葉がたっぷり。

1405
▲コチュジャン:酢:砂糖は、1:1:1の割合で。この甘辛タレを刺身と野菜に絡める。

1406
▲サラダ感覚でいただけそう!


韓流天ぷら「ジョン」は、日本の天ぷらと何が違う??気になるところですよね。大きな違いは、「ジョン」は天ぷらにする素材に直接小麦粉をまぶし、その後溶いた卵にくぐらせ、そのまま油の中に入れて揚げていくというところです。(日本の天ぷらは、小麦粉と水をあらかじめ混ぜ合わせたものを衣として使いますよね)そして、揚げ方なんですが、「ジョン」はフライパンに少量の油で揚げていきます。どちらかというと揚げるというより「焼く」感じです。

1407
▲まずは、天ぷらの素材に小麦粉を直接まぶしていきます。

1408
▲塩少々を入れて溶いた卵に、小麦粉をまぶした素材をくぐらせていきます。

1409
▲少量の油で「焼いて」いきます。

1410
▲写真は、さつまいもを揚げているところ。

1411
▲おいしそう! 今日は、カニかま、ウィンナー、さつまいも、ズッキーニ、タラを揚げました。

1412
▲今日の3メニューが完成です!天ぷらは、唐辛子粉とごま油が効いたタレにつけて食べます。


【レシピ】

タラのスープ

(材料)
・タラ
・人参
・玉ねぎ
・ホウレン草
・かつおダシ
・コチュジャン

タラは2×3センチくらいの大きさに切る。人参は薄切り、玉ねぎは千切り、ホウレン草はざく切りにする。

鍋の水が沸騰したら、かつお節でダシをとる。タラ、人参、玉ねぎを入れてコトコト煮る。人参が柔らかくなったらホウレン草を入れる。

コチュジャンで味を整える。


韓流お刺身「フェ」

(材料)
・イカ
・エビ
・サンチュ(サニーレタス)
・水菜
・大葉
・コチュジャン
・酢
・砂糖

サンチュ、水菜、大葉を食べやすい大きさに切る。

コチュジャン:酢:砂糖を1:1:1の割合で混ぜ合わせる。

刺身と野菜とタレを絡める。


韓流天ぷら「ジョン」

(材料)
・カニかま
・ウィンナー
・さつまいも
・ズッキーニ
・タラ
・小麦粉
・卵
・塩
・そうめんつゆ
・ごま油
・唐辛子粉

カニかまとウィンナーは一口サイズに切って、串に刺す。さつまいも、ズッキーニ、タラは、食べやすい大きさに切る。

材料に小麦粉をまぶす。

塩少々を加えた卵液に、②をくぐらせる。

フライパンに少量の油を熱し、③を揚げていく。

そうめんつゆ、ごま油、唐辛子粉をお好みで混ぜ合わせたタレにつけて食べる。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://communitymate.blog98.fc2.com/tb.php/6-d540b497
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。