FC2ブログ
ケービレッジコミュニティメイトのブログ
小郡ケーブルテレビ『ケービレッジ』コミュニティメイトのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年4月14日 第13回金さんの韓国料理教室

ケービレッジコミュニティメイト主催の「韓国料理教室」が、4月も開催されました!
今回のメニューは、キムチと春雨がたっぷり入ってヘルシーな韓国餃子「キムチマンドゥ」と、クルミを蜂蜜とお醤油の甘辛いタレで香ばしく炒めたおいしいおつまみ「ホウドゥ パンチャン」

韓国餃子「キムチマンドゥ」は、「キムチとミンチ肉で作るんだろうな」とまでは想像していましたが、まさか春雨がたっぷり入るとは!金さん曰く、韓国の屋台でよく売られている餃子は、肉ではなく豆腐や春雨がたっぷり入ったものが多く、「肉が入ってないよ!」と文句が出ないくらい美味しいのだとか。今回作った餃子は、ミンチ肉に春雨を混ぜ合わせていますが、食べた感じは、「春雨を入れたはずなのに、本当に春雨入れたっけ?」というほど、「肉餃子」を食べているという食感しかありませんでした。すごくお腹いっぱい食べても(実際、参加された皆様は、お一人15~20個食べられました)カロリーオフ!というのが嬉しいですね。また、キムチに白菜や玉ねぎ等の野菜が入っているので、ほかに野菜を加えなくてもOKなんだそうです。個人的には、きざんだニラを加えてもまた美味しそうな感じがしました。

くるみのおつまみ「ホウドゥ バンチャン」は、そのまま食べても何個でも食べられそうなくらい美味しいクルミを、日本人にも馴染み深い「みたらし団子」のタレに似た醤油ベースの甘辛いタレで香ばしく炒めるわけですから、美味しくないわけがありません!これは、食べだしたら最後、なくなるまで止まらなくなってしまうおつまみです。料理教室の時は、中国産とアメリカ産の2種類のクルミを用意しましたが、そのまま食べた感じでは、アメリカ産のものが美味しかったです。でも、この魅惑の甘辛タレをからめたあとは、どのクルミがどこのクルミかなんてまったく問題じゃなくなるほどどれも美味しくなります。とっても簡単にできるおつまみ(子供さんにはおやつ)なので、興味をもたれた方は、レシピを見てぜひトライしてみてください。

次回の韓国料理教室は、5月19日(土)11:00~を予定しています。場所は、小郡市のあすてらすです。当日参加も大歓迎!どうぞお気軽にお立ち寄りください。詳細につきましては、下記をクリックしてください。↓

5/19(土)韓国料理教室のご案内

20070401
▲キムチ餃子に入れるキムチをフードプロセッサーで細かくきざみます。

▲辛そう!

20070404
▲ミンチとキムチを混ぜ合わせます。

▲キムチ餃子には、春雨を入れます。

20070409
▲ゆでた春雨は、ミンチ肉と合わせる前に、フードプロセッサーで細かくきざみます。

20070410
▲春雨を混ぜ合わせます。

20070411
▲餃子の皮(市販のもの)に具材を包んでいきます。

20070413
▲みんなで包むから、はやい!

20070414
▲上手に包めました!

▲ホウドゥパンチャンに使うくるみ。中国産とアメリカ産の2種類を混ぜました。

▲炒める前に、水あめ、蜂蜜、醤油(3:3:1)のタレに絡めます。

20070408
▲弱火で水分がなくなるまで炒めていきます。

20070412
▲できあがりはこんな感じです。

20070415
▲おいしそう!

レシピ

韓国キムチ餃子
キムチマンドゥ
(材料)
・キムチ 適量
・ミンチ肉(牛肉でも豚肉でもOK)適量
・焼肉のタレ(なければ、みりん・酒・そうめんつゆで代用)
・春雨(ゆでて、細かくきざむ)適量
・そうめんつゆ
・餃子の皮(市販のものでOK)
・餃子のタレ(市販のものでもOK。そうめんつゆ、ごま、唐辛子粉等を混ぜ合わせても簡単にできます)

ミンチ肉に焼肉のタレ(なければ、みりん・酒・そうめんつゆ等でOK)で下味を付け、混ぜ合わせる。

フードプロセッサー等できざんだキムチを、①に混ぜ合わせる。

ゆでた春雨をフードプロセッサー等で細かくきざみ、そうめんつゆ等で下味をつける。

③を混ぜ合わせる。

餃子の皮で具材を包む。

強火で熱したフライパンに油をひき、餃子を並べて入れる。30秒ほどして餃子の底の部分にいい感じの焼き目がついたら、水を適量フライパンに入れて、フライパンの蓋をして蒸し焼きにする。水を入れた後は、中火にする。

餃子の皮が透明になって、お肉に火が通ったら、できあがり!アツアツがおいしい!(キムチ餃子は、具材にしっかり味がついていますので、タレをつけずに食べても美味しいです)

くるみの甘辛おつまみ
ホウドゥパンチャン
(材料)
・くるみ 適量
・水あめ 適量
・蜂蜜 適量
・醤油 適量
※水あめ、蜂蜜、醤油の割合は、水あめ3:蜂蜜3:醤油1です。

くるみに、水あめ・蜂蜜・醤油のタレを混ぜ合わせる。

熱したフライパンに油をひき、タレに絡めたくるみを弱火でじっくりと焼いていく。(強火にすると焦げ付くので注意!)

タレの水分がなくなったら、できあがり!熱い内にお皿に盛り付けるか、くるみを一つひとつ離してバットに並べてください。(冷めると固まってしまいます)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://communitymate.blog98.fc2.com/tb.php/5-1ac2c443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。